いきおくればばあネタバレと無料試し読み | 34歳爆乳パツパツスーツと着衣で性交ww

いきおくればばあネタバレ

会社のいきおくればばあだなんて言われてる彼女と新入社員である僕はあらぬ関係でした。
彼女の若いだけの女には絶対にない色気に僕はたまらなく毎日欲情していたのです。隙を見ては彼女を誘い時には断られながらもゆっくりゆっくり彼女をものにしようとしてきました。

その日は残業で彼女と僕以外誰もオフィスにはいませんでした。もっとも彼女が残業ですると聞いて僕はわざと残ったのですが。
誰の気配もないのを確認すると僕はデスクに座ってパソコンを打ち込むいきおくればばあの後ろに立つと、彼女の豊満な胸を揉みしだきました。

彼女が抵抗で身をよじるのも構わずに揉みしだき続け、片手でそのシャツのボタンを外しました。
いきおくればばあが必死に僕の名前を呼んで止めさせようとします。

「あんまり大きな声を出すと誰か来ちゃいますよ?」僕が彼女の耳元でそっと囁くと彼女は途端に大人しくなりました。

僕はボタンの隙間からシャツの中に手を滑り込ませると遠慮もなしに彼女の乳首をこりこりとつまみあげました。

いきおくればばあがすっかりその気になったのを見て僕は彼女に命じました。

「ねえ、しゃぶってください」いきおくればばあは困惑しましたが。

僕はすかさず手を止め、嫌なら続きをしないと告げると彼女は迷った末にこくりと小さく頷きました。

僕が彼女の座っていた椅子に座り、彼女がその前に跪く姿勢になりました。
女の舌が僕の股間のそれをゆっくり舐めあげていきます。まずは先の方、そこから竿の裏筋のほうを舌を使ってちろちろと。「くわえてください。」

僕の言葉に彼女はしっかりとくわえました。
僕は腰を動かして彼女の口を犯したくなるのをなんとか我慢して、いきおくればばあに動くように奉仕するように命じ続けました。

僕に奉仕を続ける彼女の頭を撫でます。彼女にもご褒美をあげないといけないと思いながら僕は会社のいきおくればばあの肉体に内心ほくそ笑んだのでした。

いきおくればばあネタバレ

「今日もついてないな…」家路に着く俺はため息が出てしまう。
学生時代にイベントサークルのNo3として華やかな生活を送っていたころと比べると情けない限りである。

大学卒業後に就職した会社も早々に喧嘩して辞め、今は派遣にて糊口を凌ぐ日々である。「あの主任ババアめ!」とイライラする気持ちを変えるため途中コンビニに寄った。

アルコール度数の高い酎ハイとつまみをカゴに入れ、ふと雑誌コーナーに目をやるとあのいきおくればばあが立ち読みをしている。

(気づかれないように帰ろう)と思いつつも、立ち読みしている雑誌に目がいった。(レディコミ?!)

そっと近くによると真剣な表情ながらも口が半開きな状態で読みふけっている。
ちょっと仕返しをしてやろうと思い、ニヤニヤしながら近づいた。「お好きなんですか?!」と声をかけると、びっくりした表情をした後、ヤバいといった表情に変わっていった。

「や、これは、ちがうの!」とあたふたしている。職場での高圧的な態度とは180度違う。イベントサークルでオラオラ系で馴らした頃がよみがえってきた。

「そういうの好きなら、ちょっと付き合ってよ」上から目線で言いながら、主任の腕を掴み強引にコンビニから連れ出した。
「どこに行くのよ!」と言い嫌がる素振りを見せながらも、いきおくればばあに逃げ出す気配は無い。

俺の中で確信に変わる「こいつはイケる」と。そのまま人気の少ない公園の車いす用トイレに連れ込んだ。
「大丈夫だろ、ほら」と言いながらズボンのファスナーを下ろし、大きくなった俺の中心をいきおくればばあの主任の前にさらけ出す。

「バカ、なんなのよいったい」と言い終わらないうちにいきおくればばあの頭を抱え込み、その口に俺の中心をねじ込んだ。

「や、やめて…」と言いながらも俺の中心を口から出さない。「早くイカせてくれたら止めるよ」と意地悪くいう俺。すると無言で舌を絡ませ首を前後に激しく振り出した。

時々俺の顔を見ながら激しく前後させる。「そんなんじゃぁ、いつまで経っても終わらないよ」と言いながら、いきおくればばあのタイトスカートのファスナーを下ろす。
「ちょ、ちょっと」「いいから、後ろ向きに向いて尻を突き出せよ!」強引に壁に両手をつかせ、尻を突き出す格好を取らせる。

タイトスカートを引きずり下ろし、パンティーの隙間から俺の中心をいきおくればばあの中心にねじ込んだ。
もう抵抗する素振り処か、かみ殺すような甘い吐息が聞こえてくる。後ろから激しく突くにつれ、その吐息も荒くなる。

俺の動きに合わせるように下から上へと自分の腰を振ってきた。(そろそろ出る…)突くのを止め、いきおくればばあを振り返らせると強引に唇に突っ込んだ。
絡めるような舌使いと深く激しいストロークでいきおくればばあの口の中にぶちまけたww

いきおくればばあネタバレ

自分は入社した会社で病気にかかってしまった…。それは魅力的な女性に出会ったからだ。

その女性は配属された部署の上司である34歳の女主任だ。周りからはいきおくればばあなんて言われているがそんなことは関係ない。
昔から豊満な年上女性が好きで今まで生きていて理想の女性に出会えなかったのだが、入社して念願であった理想の女性に出会い嬉しかった。

研修期間を終えた後、しばらくして新人歓迎会を開いてくれ、その飲みの席で酔い潰されてしまい、その時、いきおくればばあと呼ばれている女主任が介抱してくれたのだった。

実は研修時から色々と悩みや雑談をしたりで仲良くなっていて、酔い潰された時も心配して介抱してくれた次第なのだが、
その後、なんとか歩けたものの、心配という事で恥ずかしながら女主任に抱えられながら駅へ向かっていた。

新人歓迎会が開かれた飲み屋があったのは繁華街で近くにはホテル街もあり、何を思ったのか、いきおくればばあの女主任に駄々をこねて´(女主任)さん!ホテル行こう!!`と恥ずかしい事を大声で発していきおくればばあの女主任に辱しめをしていた様で仕方なくホテルに入ってしまった次第でその流れで色々と迷惑とかけてしまったww

自分はそれを知らずに舞い上がって女主任と一戦交えてしまった訳だが、その時の事は一生忘れないと思うが、いきおくればばあの女主任の話によると無理くり脱がせてさらけ出させた乳房を片手でほぐしつつ、乳首を舐めまくり、その後、様々な場所を舐めまくって愛撫していたらしいww

いきおくればばあの女主任はそれなりに感じていたものの、その話を聞いて`申し訳なかった…。´と罪悪感に襲われたが、その後、秘部を最初は下着越しで最終的には時差で舐めまくり、勃起した一物を思う存分ピストンをして楽しんでいたと既に翌日の朝になって起きた直後に言われ、いきおくればばあの女主任に死ぬ程謝りまくったww

いきおくればばあの女主任は´色々大変だったけど楽しかったよ。`と言ってくれ、2人でベッドで抱き合ってチェックアウト寸前まで過ごした…が、
行為に及んだ際に`その時、コンドームを付けてました?´といきおくればばあの女主任に何度も確認したが、微笑みながら`教えな~い!´とハブらかせられているので違う意味で恐怖を感じている…。

いきおくればばあネタバレ 危険日の行き遅れBBAの膣の中に大量に発射!!ww

`女性は年を重ねた方がいい…。´これは誰かの名言ではなく、自分の持論ではあるが、食べ物等の旬は女性があると思っていて…
って、こんな事を女性の前で話すと確実に非難轟々となるのは間違いないのだが、この持論は昔から思っていて、今年入社した会社で実証と堪能している。

それは配属された部署の上司である34歳の女主任だ。
(周りの男どもは、いきおくればばあなんて言って彼女の魅力にはまるで気付いていない。)
研修中、昼休みに一人で昼食を食べていた時に声を掛けてもらった事をきっかけにそこから悩み相談や雑談する程、仲良くしてもらい、会う機会を重ねるうちにいきおくればばあの女主任の女としての魅力に魅了されたのだ。

そんなある日、2人で飲みに行く機会を得た。普段から自分も嗜む程度であるが、お酒を飲み、いきおくればばあの女主任も飲むそうだか、ある先輩から聞いた話だと`飲み過ぎると酒癖が…´らしいが、そこまでならないだろうと思っていたものの、飲み会当日、翌日が休みというのもあってか、共に思った以上にお酒が進んでしまい、その後、2軒・3軒とハシゴし、終電も乗り過ごして途方に暮れていた。

飲んでいた所は繁華街とホテル街がある場所だったので酔い醒ましも兼ねてホテルへ行ってしまったが、今思うと酒の勢いは本当に怖いものである。部屋に入るや否やいきおくればばあの女主任を酔った勢いでおしかけて強引にベッドへ倒し込んで前戯を始めた。

服を脱がせていきおくればばあの女主任の乳房が露となり、理由は分からないが、ちょっと感動して眺めていると`おっぱい飲みたいの~?´と女主任が冗談めかしく言い、自分は思わず`いただきます。´と乳首を吸いだした。

乳首は始めは柔らかったが、感じだした様で徐々に固くなり、いきおくればばあ女主任もくすぐられた感じの声だったが、徐々に感じてあえぎ声に変わり、自分の手も左は女主任の右乳房・乳首を弄り、右手は秘部に当てがい指で掻き回し、濡れているのを確認した。

しばらくこの状況が続き、いきおくればばあの女主任が´私もおちんちんしゃぶりたい…。`と言い出し、69の体勢にし、お互いの大事な部分を可愛がり合い、いよいよ我慢できなくなって一物を女主任の秘部にいざ挿れようとした時、`今日、危険日だから注意してね…。´と念を押されたが、いざ挿れてみると想像を越える位に濡れた中にそれをやさしく一物を包み込む様な快楽に襲われ、こんな状況で外出しできる自信がなかった…。

ピストンは女主任の反応を見ながら激しくしたり、弱くしたりを繰り返したが、一物も我慢の限界を迎え、中に出したいという欲望を押さえながらいきおくればばあの女主任のお腹に白い蜜を放った…。

お互い、あまりにも気持ち良かったので呆然に近い状態だったが、いきおくればばあの女主任はお腹に放たれた白い蜜を指で掻き集め、それを女主任は口に入れて飲み干して`ごちそうさま。´と言った。

しかし、自分はもう一度交わりたかったので`もう一回いいですか?´と聞くといきおくればばあの女主任は微笑みながら`いいよ。´と再び交わったw

これ以降、欲望を押さえる事が出来ず、何回やったのか分からない位、続けて、気づいたら寝ていて、目覚めたらいきおくればばあの女主任の上に寝そべる形で抱き合っていて、女主任の顔を見ると何気にキスをし、それで女主任も起きて再びキスをし、朝一で交わり、これで最後というので`沢村さん、中に出していいですか?´とわがままを言ったら`田中くんは甘えん坊さんだね。いいよ。中に出して。´と最後の最後で中に出させてもらった…。

危険日のいきおくればばあの膣に中だしww

最後の事を終えるとお互いに抱き合い、その後、お風呂に入って体を流し合いし、着替えた後に手を繋いでホテルを後にした…。

いきおくればばあネタバレ

僕はまだ22歳の営業部新入社員なのですが、OJT担当の主任は34歳独身のいわゆる行き遅れた年増ババアです。
顔はも結構な美人で、さらには胸がはち切れんばかりにでかくて、僕は熟女好きではないのに仕事中にうずうずしてしまっていたのは事実です。

そしてこの前、実は、残業中にそのいきおくればばあと禁断の行為をしてしまいました。
僕の作業が遅くなり、20時過ぎの営業部のオフィスは僕とそのいきおくればばあの女主任だけになりました。

他のフロア総務部とか、経営企画部とかはまだ何人かいる状態です。
背中越しに同じPC画面を覗いて教えてもらいながら作業していると、ちょいちょい僕の背中に爆乳がボヨンボヨンと当たってきて僕は落ち着かなくなってミスを連発してしまいました。

「もう、ちょっと集中しないと帰れないじゃん!」と最初は怒っていたいきおくればばあの主任はとうとう僕が主任のおっぱいに興奮して気が散っていることに気付いてしまいました。
いきなり僕の股間にタッチしてくると「あれ~?硬くなってる?」と言ってきました。

「ちょ、やめてくださいよ!」「そっか~だから気が散ってたんだ?」「だめですってば」「スッキリしてからじゃないと仕事できないね~。」

そう言いながら主任は手際よく僕のスーツのズボンのチャックを下ろしてむき出しになったペニスを艶めかしい手つきでしごき始めました。

「主任、他の部署から人が来るかもしれませんから…だめ…です。ああ…。」
僕がそういうといきおくればばあの主任は僕のデスクの下のスペースに潜り込むと、「これなら、誰か来てもバレないでしょ?」と上目遣いで僕を見上げながらペニスをしゅぼっと咥え混むとこれまた艶めかしい動きでフェラしてきました。

「ああ…主任…だめ…あああ…。」気が付くと僕は無意識にフェラをする先輩の爆乳に手を伸ばして揉みしだきながら、ペニスをしゃぶられていました。

「いく、いく…。」僕はフェラであっさりいきおくればばあの主任の口内に射精してしまいました。

「じゃあ今度は私の番だよ。」

そういうと主任は僕と入れ替わり、その後僕がデスクの下で主任のおっぱいを直接揉んだり舐めたり、スカートに頭を突っ込んでクンニまでしてしまいました。

それからというもの、僕は行き遅れババアの主任のことをもう先輩としてではなく女としか見れなくなってしまいました。